AGAの原因は生活習慣?

男性が見舞われる薄毛には、それらを引き起こす幾つかの原因が隠されています。例えば、頭皮の衛生状態によって毛穴詰まりが発生することでも薄毛になりますし、または生活習慣によって頭皮の血行が悪化して栄養分がきちんと頭髪に行き渡らなくなることも大きな要因となります。そして3つ目に挙げられるのがAGAという病気による薄毛です。

そもそもAGAとは、男性ホルモンと頭皮の5αリダクターゼという酵素が反応し合うことで分泌されるDHTという物質が頭髪の成長サイクルを乱すという症状のこと。このDHTの存在を毛乳頭にある感知機能が察知するといち早く過剰な反応が始まり、毛細血管からの栄養分の摂取をやめ、なおかつ毛母細胞の細胞分裂もやめ、頭髪全体が退行期に入って髪も抜け落ちてしまうのです。

これらのAGAを引き起こす原因としてはまだ詳しくはわかっていないのですが、その一つに遺伝の可能性が指摘されています。これは父母から受け継いだXとYという遺伝子のうち、母方から受け継いだXにこのAGAの原因となる情報が含まれるというものです。そのため母方の親類に薄毛男性が多いと将来的に自分も禿げる可能性が高まるといわれています。

このようにAGAという症状自体は遺伝子や体内環境に関係することですので、その他の薄毛の要因である頭皮環境や生活習慣などが密接に関わってくることはありません。それらはAGAとは全くの別物と考えてよいでしょう。しかしながら薄毛症状に限定して考えた時には話が異なってきます。人が薄毛を発症する時、AGAとその他の要因が複雑に絡み合っている場合も多々あるもの。そのような時には生活習慣を正すことによって薄毛そのものが改善されることは大いにありえます。ただし生活習慣をただしたところでAGAそのものが改善されることはありませんので注意が必要です。