人毛の毛周期と光子脱毛、AGAの特徴について

ムダ毛の処理をする女性、毎日の髭剃りをする男性は多いものです。
ムダ毛処理や髭剃りは身だしなみとして行うもので、髭などの場合は濃い人などでは朝髭剃りをしても午後にはうっすらと髭が生えて来て、夕方には髭が伸びてしまうと言う人もいます。

そのため、最近は男性でも脱毛を希望される人が多くなっているのですが、脱毛サロンなどでは光子脱毛が主体となって施術を受ける事が出来るようになっています。
光子脱毛は別名フラッシュ脱毛やIPL脱毛と言った脱毛機器を使って行う方法で、最初にジェルを塗布してから特殊な光を照射すると、光は毛穴の奥に在る発毛組織に集まり、そこで熱エネルギーに変換されて発毛組織を停止させる作用を期待出来ます。

発毛組織が停止されることで毛が生えに難くなると言うのが光子脱毛の特徴です。
但し、医療レーザーや絶縁針を使った脱毛と違い、永久性が無いため半永久脱毛と言う形で広告に掲載されているケースが多く在ります。

人毛と言うのは、生えている部位に応じて毛周期が異なります。
髪の毛は一般的に2年から6年の成長期が在りますが、髭などの場合は1か月半から2か月と言われており、人毛の中では毛周期が短いのが特徴です。

所で、AGAと言うのは毛周期を狂わせることで抜け毛が生じるようになり、そのままにしておくと全ての毛が抜けてしまう恐れがある進行型の薄毛と言います。

髪の毛の毛周期は2年から6年となりますが、AGAの症状を持つ人の場合は3か月前後になると言われています。
人毛は成長をしてから休止期を迎え、やがて抜け落ちる前の退行期を迎える事になるのですが、AGAの症状を持つ人はこのサイクルが極端に短くなるために薄毛の症状が起きてしまうのです。